東日本大震災「あのとき」と「これから」開催協力について

あのときとこれから

宮崎県から復興支援活動をされている市民団体チーム小林47様と宮崎県立小林秀峰高校様が

震災講話の授業を行います。本吉復興エコツーリズム推進協議会は今回の取り組みに協力させ

ていただくことになりました。宮崎県は鳥インフルエンザ、口蹄疫、新燃岳噴火など災害を経験した被災地。

2000キロの距離を超えて学び、理解し合う試みに賛同します。

当日はインターネット中継などを予定しているそうです。どうぞご理解と応援をよろしくお願いいたします。

~以下抜粋

参加団体名:市民団体チーム小林47、宮崎県立小林秀峰高校、本吉復興エコツーリズム推進協議会、

SIMCITY気仙沼、SCK GIRLS

名称: 東日本大震災「あのとき」と「これから」

目 的:遠く離れた地域の若い世代にも震災を学ぶ機会を作り、身近に捉えてもらい、

継続的な支援を行っていく起点を作る

日程 平成25年11月15(金) 13:20~15:10

 

インターネットを活用して本吉町と秀峰高校をテレビ電話を行います。そのなかで震災体験語り部や質疑
応答を行う小林秀峰高校様の課外授業です。授業中の内容を記録して11月下旬に行われる小林秋祭り

にて小林秀峰高校様とチーム小林47の復興支援ブースにてパネル展示や復興市を行う際に上映します。

会場 宮崎県立小林秀峰高校 教室

 ※今回の取り組みは秀峰高校様の課外授業の中で行われます。一般見学については現在調整中のため
未定となっております。
当日にはインターネットによる生中継の配信などを予定しております。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。