homestay

この夏、静岡県浜松市の中学生が気仙沼にやってきます。そこで、気仙沼のこと、震災のことをもっと知ってもらうために、
2泊の民家民泊ファミリーを
募集致します。気仙沼市内に住んでいて中学生がいるご家庭なら大歓迎!ホームステイ先の家族の思い出は
一生忘れないもの。
ご家族そろって夏の思い出、つくりませんか?

otokonoko

 

浜松市は今、震災の意識がとても高まっています。気仙沼の方たち、
震災を経験した中学生の方たちと一緒に過ごさせていただき、ぜひ色々と学びたいです。
どうぞよろしくお願いします。

 

【ホームステイ受け入れ期間】

2013/8/19(月)~8/21(水) 2泊3日

説明会を、7/28(月)15時~17時、小泉自然楽校にて行います。

【プログラム】浜松市立東部中学校夏休み減災体験・民家民泊体験交流プログラム

【プログラムの目的】東日本大震災の現実と声を、見て聴いて、減災を風化させない未来につなげよう!~気仙沼と浜松からスタートする減災協働の輪~

【ホームステイの内容】1~2名の中学生を家族の一員として受け入れ、楽しく交流してください。また、普段と同じように、3食の食事の提供をお願いします。
※食事制限のある場合でも、ご家族は普段通りの食事を食べて構いません。
※民家民泊食費・ありがとう交流会参加費として、生徒1名5000円(2泊分)をお支払いいたします。

■主催:本吉復興エコツーリズム推進協議会 ■後援:気仙沼市教育委員会
■お問い合わせ先:〒988-0321 本吉町小浜 小泉自然楽校気付
TEL:070-5058-1023/080-4519-0311(担当 斉藤)

インターネット申し込み

[contact-form-7 404 "Not Found"]