eco-top

■生きた教科書を伝えていく
 東日本大震災によって多くの被害を受け被災地となった気仙沼市本吉町。甚大な被害を受けながらも、
として震災被害を生きた教科書として伝えていく。それが「本吉復興エコツーリズム」のコンセプトだ。

地域ぐるみで自然環境や歴史文化など、地域固有の魅力を観光客に伝えることにより、その価値や
大切さが理解されることが、保全につながっていくことを目指している。
そして本吉町に訪れた観光客に地域の資源を伝えることによって、地域の住民も自分たちの資源の
価値を再認識することができ、本吉町での観光を活性化させると同時に、地域社会そのものが
活性化されていくのである。